霊媒体質。憑依(依存)されない強さを身につけ、驚きの吸引力を活かそう。

私は幽霊は見ませんが、低級霊に関しては空気感やニオイ(臭い)で感じることが多いです。

生霊は身体の不調にあらわれますね。ピリっとした頭痛とか。念とかは顔が浮かんだりします。

でも自分の妄想と何が違うのかと問われて、はっきりと相手にわかるように説明できないので、実生活では言わないようにしてますw

霊媒(憑依)体質って何ぞや

勘違いしやすいのですけど、「霊媒です」とかも「霊が見える」と同じように、別に誇れることでもなんでもないんですよ。

ただの体質です。特徴。

太りやすい人、すぐ痩せちゃう人、ニキビができやすい人、乾燥肌の人、タフな人、病弱な人、霊媒の人、みたいな。

他の一般的な特徴と同じように、霊媒は「強味」として活かすこともできますが、「弱さ」でもあります。

霊媒自慢してくる人は病気自慢をしているようなものなので「ふんふん」と聞き流しておきましょうw

なぜ私が霊媒を「弱さ」と言ったかというと、鍛えることや対策をとることで霊媒体質とうまく付き合っていけるからです。

「可哀そうな私」「か弱い私」に酔っている人は、心配されたいし「それでも頑張る私☆」が好きだから、改善する気がないしいつまでも変わりません。

霊媒にはエンパス、HSPなどが多い

わたくし幽霊を見たことがないくせに霊媒体質で、今では改善されていますが昔はひょいひょい憑依されていました…。

波長が合わないと人間同士も会話がかみあわなかったりしますが、霊との関係も同じです。

波動が荒かったりすると、通りかかった「怒れる霊魂」とかがぐわわっと寄って来たり、同時に高次のサポーターとのつながりが絶たれてしまったりします。

霊媒っていうのはその吸引力が良くも悪くも強い人のことで、だいたい霊媒の人はエンパスであることが多いし、生身の人間も寄せ付けるエネルギーだったり、生霊を飛ばされたりすることも多いです。

ターゲッティングされやすいのですね。目立つわけです。

霊媒のことを霊的に「光っている」と表現している人もいます。

私の場合、巫女の末裔と自称してた女性に「魂が大きいけど欠けている」と言われたことがあるのですがw (その子もちょっと変わってて、酔うと人の未来が見えるらしい)

ヒーラーに聞いてみると、彼女のいう「魂」とはオーラのことじゃないかと言っていました。

オーラが大きいと目立つし、良くも悪くも人を惹きつけるようです。

その「大きい」というのも、巷でいう「オーラがある」というものとは違うんじゃないかな。

自分でオーラがあるとは思えないのでwww

霊が見えるのも引きつけるのも、波長が合うからなのだ

霊は、実は波長に合わせなければ姿かたちを見ることはありません。

たとえば不思議ちゃんぶって「変なのが見えるぅ」って騒いでいると「私は低波動です☆」と公言していることになるので、見えても言わないほうが得策ですw

「見える」「聞こえる」というのは、霊媒というよりちょっと違う方面になってきます。

(苫米地氏はそういうのをバッサリ「統合しすぎている」と言っていますね)

ちなみに、ガイドは光の玉や光のもやとして見えることが多いです。

とくにタロットをシャッフルしているときにチラチラ現れてサポートしてくれています。

具体的に、対策として何をすればいいの?

さてさて、具体的な方法はいくつかあります。

強くなるのだ!!まずは地に足をつけよう

まずは、グランディングをしっかりと。

よくある、地球とつながるイメージングでもいいです。

自分の身体の中心にエネルギーを集中させて光の玉をつくります。

それを第一チャクラからコードをつないだまま地面を突っ切り、地球の中心まで下していき、地球の慈愛にみちたエネルギーをもらって、来た道をたどって自分の中心にエネルギーを戻します。コードは地球の中心につないだままです。

上記がうさんくさいと感じる人や、イメージングがニガテだという人は、散歩ウォーキングをして脚を動かしてください。

スポーツストレッチなども良いです。裸足で大地を踏みしめるのもいいらしいです。

私の体感では、山のぼりが最適です。

自然に囲まれているし空気もキレイ、なおかつ脚をたくさん動かせます。

家から出られない時は、スクワット、四股でも◎

グランディングは、霊媒やエンパスではなくても地に足を付けるという意味で重要です。

「頭に血がのぼる」「のぼせる」などという表現があるように、考え事をしていると「気」も上に上がって足が冷えたりします。

その「気」を降ろしてあげるという作業として、足つぼだったり足指の間をぐっと押すことも有効です。

あとこれ本当、スポーツマンに霊媒体質はいないの法則。

あ、よく寝ることは基本中の基本!

境界線をつくろう

つぎに、境界線をつくる方法

頭上に光の玉をイメージして、その光の玉で自分の身体全体を覆います。終了。

「私には境界線があります」とアファメーションを利用するのも手です。

いつでもどこでも手っ取り早くできるのでオススメです。

家を出るまえにやっておくと効果的。

一日に何度もやる必要はないです。

補助として、パワーストーンも効果的

パワーストーンも効きます。

私はお世話になっているヒーラーからモリオン(黒水晶)のクラスターをいただいたのですが、それを自室に置いています。

強力な魔除けになっていますが、これも自分がしっかりしていないと対処療法にすぎないので、グランディングは自分の意思でしっかりやらないとダメです。

外側に頼るのではなく、あくまでも自分が強くなることを意識しましょう!

波動をあげよう

あと、波動をあげておくこと。

正確に言えば、「あげる」というよりは自分らしい波動へと調整することなのですが。

自分の気分があがる場所(私でいえば晴れた日の砂浜)に足を運んだり、自分がすがすがしい気持ちになれる神社(私でいえば上賀茂神社)へおまいりしたり、癒されるor笑える動画、写真フォルダを作っておくのもオススメです。

各自違うと思うので、それぞれのお気に入りで。

アロマや飲み物を、救急箱セットのようにスタンバイさせておくのもいいかも。

憑依されたり、どよ~んとしていると、どうしても波動のあがるようなものに手が伸びないし、そういう方向に思考がむかないのですよね…。

応急的にさっと取り出せるといつまでも引きずらなくていいかもしれませんね。

引き寄せじゃないですけど、気分をよくしておくことがポイントです。

自分を楽しませる、喜ばせる、平和な気分にさせる努力をしましょう!

マイナス感情が悪いわけではないですけど、そこにどっぷりはまり続けるのは霊媒体質としてはお勧めしません。

変なの寄ってくるからw

奉仕の精神と人々への無償の貢献

意外と、これは効きます。

仕事じゃなくて、お金をもらわないで、人に表立って感謝すらされないようなことを、陰で実践してくんです。

いわゆる「陰徳」積みです。

表面的な感情では、バカにされたり、怒りをぶつけられたりすることもあっても、本当の意味で(魂の成長的な?)の貢献をしていく。

毎日、地球に感謝と癒しのエネルギーを送るのでもいいです。

変な話、先祖供養もこのうちに入るんじゃないかと思っています。

物言わぬ人たちのために手を合わせたり、お墓の掃除をしたりって、なかなか続かないもんね。

絶対ではないので、やらないよりはいい、くらいに思っておいて大丈夫です。

先祖は大体、我々の味方だから祟ったりしないから大丈夫。

憑依されたら!応急処置

憑依されたときの対応としては、水で濡らした手で髪を梳くのもオススメ。

顔が洗えるようだったら顔も洗ってみてください。頭から水をかぶるほうが効きますけどw

髪は霊などエネルギーがつきやすいです。

憑依されてきついという人は髪を短くするとラクになるかもしれません。

あとは、身体の重たいところを動かしてストレッチをしたり、ササッと払ってみたりとか…。

生霊の場合は、つながってしまっているサイキックコードを断ち切るのも効果的です。

相手と繋がっているコードをイメージし、相手のそばでそれを切ります。

そのコードを光で満たし浄化して、全部自分に取り込みます。

それでも顔が浮かぶようだったら、また繋がってるので、こちらもしつこく断ち切る!

そのうち薄くなっていきます。

ほかには塩風呂、酒風呂、精油、お香(自然のもの)で浄化するのも◎

バンパイアと低級霊はかまってちゃん…

そうそう余談ですが、エネルギーバンパイアの憑依率の高さは安定してますね。

バンパイアも低級霊も、悲しいかな要は「かまってちゃん」なのでかまってあげないことがポイントなのです。。

低級霊は誰にも気づいてもらえないので、存在に気づかれたことだけでも結構嬉しいわけです。

人間にもそういう人いますよね。反応がもらえるだけでも楽しくて、いじめちゃうような人。

自分がつらいときだけ掃き溜めのようにメールを送ってくる人…。

バンパイアの典型マウンティングもかまちょをこじらせただけだものね。

生身の人間相手でも同じですけど、安易に「カワイソウ」って同情的になる(心を開く)のは思う壺だったりするのですなぁ。。

「いい顔をしない」「いい人と思われようとしない」「NOを言えるようになる」というのも、重要です。

自分のエネルギーを自分の中心にどっかと座らせて、いつでも「自分が本当にそれをしたいかどうか?」を基準に考えてみることをオススメします。

コチラの記事でも書いています。→(他人に合わせるのが得意な人ほど自分軸を意識しよう

エンパスや憑依体質の人は優しい人が多いんですよねー。

でも、優しいだけじゃ今の世の中では搾取され続けちゃうのです。

強くなろう!!

まとめ

霊媒体質、憑依体質の人はエネルギー的に敏感だったり、人の気持ちを汲み取るのが上手いです。

そして、それに対して同調(共鳴)しやすい。

それはどういうことかというと、自分が共鳴していくものを慎重に選んでいく必要があるということです。

自分がどうありたいか、どうしたいか、どこまでなら人助けができるのか、はっきりさせること。

それから、普段の生活から「調和した自分らしさ(エゴ丸出しの自分勝手なものじゃない、って意味ですw)」を保つことが重要です。

自分の状態をニュートラルに保ち、「自分ではないもの」は速やかに還元してゆくこと。

(トイレに行くたびに「自分らしさを阻むもの」を流してもいいのだw)

人一倍、「自分の状態」に気を配る必要があります。

瞑想をしたり、体操をしたり、スポーツをしたり、よく睡眠をとったり、いつでも心身を整える必要があります。

確かに面倒臭いかもしれないけど、「体質」なので仕方ないのです。

うまく付き合っていかなければならない。

でも、幸いなことに、霊媒体質だからこそ、自分の心身の状態に気を配り、健康でいるために努力ができ、結果として「生きやすくなる」と私は思っています。

人の気持ちに寄り添えて、時に優しすぎて、努力家で、心身ともに清らかである人は魅力的です。

その驚きの吸引力を、素晴らしい人間関係づくりに活かしていってください!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク