いわゆるスピリチュアルな「サイン」はシンプルだと思う

シェアする

スピリチュアルをかじっていると、

なにか不安にさせるようなことが起こると

「この出来事には何の意味があったのだろう?」と考えるようになるんですよね。

たとえば、パワーストーン(天然石)ブレスレットのゴムが切れたとき

「何か良からぬことが起こる前兆」だとか、

どこかへ行ってしまった石は「身代わりになってくれた」

「もう持ち主がパワーを必要としなくなった」などと思われることが多いようです。

スポンサーリンク



でもねぇ、

一瞬でピンとこないのであればそれって「サイン」なんだろうか?と疑問です。

そこまで人間って鈍感ですかね?

三次元どっぷりで、金!異性!自分さえよければ!みたいな人ならいざ知らず。

少なくともパワーストーンとか霊とか、ヒーリングとかそいういった目に見えない世界のことを信じている人ですよね?

絶対、何かのサインなら分かりそうなものです。

物質的なところではゴムの劣化であり、不注意には変わりないのですな。

不安になるのであれば、

それがきっかけでその不安が表層に出てきたってことで

その原因を探ったほうが、近道なのです。

スポンサーリンク



たとえば

出かける前に食器を割ってケガをした。→予定をキャンセルすべきだったのに行ってしまったから、事故に巻き込まれた。

というのは、

ケガをする時点で、注意力が散漫になっていた可能性があります。

コンディションが悪かったわけですね。

そういうときは、事故が起こりそうな空気感をかぎつけることができなかったりします。

ガイドに聞いてみると、それらしいことを忠告してくれたりしますが

大体、そのときにガイドへ注意を向けることが目的だったりするので

「これが起こると、こういうこと」と一概に言いきれないものがあります。

「ピアスを失くす」という同じ現象でも、

時と場合によって、人によって、伝えたい内容は違うんです。

自分が気になることが起こったとき

どう感じたか…?がヒントになることが多いです。

現象そのものは、ただのきっかけ。

今まで意識下でくすぶっていたものが、そこで表れているんです。

これはなんの忠告だろう!?と検索しまくって

外側に答えを求めるよりも

自分の心をじっくり見つめるほうが、

近道になったりするものなのです。

どこかに決まった答えが転がっているなんてことは、ないのですな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク