占いは自分に効かないことにしていれば、効かない

当ブログの中での話ですけど、あいかわらずホロスコープの記事にアクセスが多いです。ホロスコープ以外でアクセスを集められるような記事を書けないってことなんですけどw

あえて、過去の記事も今思うと恥ずかしい話なんですけど、黒歴史として残しておくことにしてるわけですが、やっぱりホロスコープって人気なんだねぇ。。。すごいねぇ。

スポンサーリンク



んでー、ホロスコープって統計学と主張しながらも統計学ではないけれど、仮に統計学とすると統計に当てはまってしまうって、ちょっと怖くない?って思う今日このごろです。

「みんながこうでしたー」というものに当てはまるわけですからね。

一般的な占いと同様、自分から当てはめていってしまうところも多分にあるよなぁというね。

ついつい、クセで人生の転機があると、トランジットとネイタルを見比べてみたくなってしまうのだけど、やっとチャートを見ない生活が定着してきたので、我慢我慢ですww

見るとね、ようやく効果が抜けてきたのに、また「占星術」が私に効いてしまうから。

ふしぎと、人は信じるものに近づこうとするものです。

それは、おなじみ潜在意識に関係してるんだけど、ということは自分がコレは自分には効かない!と決めちゃえば効かないもんです。

朝の占いは良ければ信じるし、悪ければなかったことにする、っていうのもあながち間違いではないと思うわけです。

スポンサーリンク



そんなわけで、以前から方位学は私は効かないことにしてるので、効かないですw

地球の磁場とか、こんだけ狂ってきてるのに何を言いますかという話ですよね。

ボルテックスの調子うんぬんありますけど、今や人工衛星で自然災害も操作できちゃうわけだから…。

どんなに方位のいいところにいようが、「天災」はランダムで、ランダムじゃないとしてもこっちがどうこうできる問題じゃないですか。。。

神に祈り続けて、神が何度も送った助けを全無視して死んでしまった挙句に、神は助けてくれなかったと文句をたれた人の笑えないおはなしがありますけど、それに近いものがある気がします。(たとえがちがうか)

どこにいようが、それが凶とされる場所であろうが、吉とされる場所であろうが、何を真実として選び取るかが鍵なんだと思うのです。

てか、昔の人が決めた吉凶って、今の時代にフィットするんだろうかね?という単純な疑問もある。

今昔もそうだけど、個々人によっても幸せの基準は違うし、一様に当てはめてしまうのはナンセンスな気がするのは間違いだろうか?

って、そもそも論にいきつくっていうねー。

だから、一喜一憂しなくていいんです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク