「行動」の絶対量を増やす=確率をあげる「引き寄せ術」が一番手っ取り早い

シェアする

やっぱりラクしたい人には、「絶対量を増やす」とかいうと嫌がられるのかなw

努力しろ、って言ってるわけではないんですけどね…。


引き寄せの法則…理論立てている人もいるけど、理論にできないというか。

行動すればそれだけ「確率」が上がって確率論的に「成功」の可能性がぐっと上がる。

だから、行動しなさいと言う、みたいな。それしか言えねー、ていう。

単純に、そりゃ確率あげればそうなるよね、って世界の話なんですよねw

んで、意識を変えるというのは、方向性をしぼりこむ意味合いがあって、そっちの方面の確率を増やすために使えるわけです。

四方八方に確率が増えても仕方ないから。

言い換えれば、(自分が)目標に対して引き寄っていかねば何ともならない話なんですよね。

あ…一般的に考えて、何を目標にするかによって、それを達成するために必要な「行動」が「好きなこと」か「面倒なことか」はそれぞれです。残念ながらw

理論的には「意識を変えればOK」なんだけど、成功体験がないからどういう感覚かわからないのにそういう意識にはなれないわけです。理論が成立しない理論…。

確率を増やして体感していくしかないのだけど、その意識をつかむのが奇跡的に早い人が、天才といわれるのではないかしらね。

私は凡人なので、「圧倒的な量」で太刀打ちするしかないわけですww

何度も繰り返すことによって、「当たり」を体感していく…そして成功(再現)確率を増やす。

まぁ、スポーツとか楽器演奏、語学習得とかをみればわかりやすい話で、当たり前のことなんですけどねー。

なかなか、「人生」にまでそういった面を落とし込めなかったりしますね。ベツモノのようなかんじがしちゃいますもんね。

でも小さなことでも、目標決めて(=意識を変えて)動くことの繰り返しで人生変わってきますよね。

原因結果論や過去にとらわれず、気分に左右されず、確率増やしたもん勝ち。地道にやったもん勝ちです。

そんな引き寄せ論でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク