Macbook AirのWiFiが繋がらない問題…原因は外付HDDだった件。

シェアする

どうやら、Macあるあるらしい。

WiFiが繋がらない問題!!

私の場合、iPhoneはWiFiでサクサクだったから、PC側に問題があるというのがすぐにわかった。

まずは初心に戻って

ネット検索してみると、解決方法としてはみんな同じこと書いてる。

電源オフ&再起動とか、WiFi設定オンオフWiFi側の電源オンオフ

WiFi機とPCを近づけてとか

案外、そういうシンプルな解決法って、忘れがちなポイントなんだけど、

ダメだった。

ネットワーク環境設定

あと、ネットワーク環境設定の「詳細」をいじる方法ね。

IPv6をリンクローカルにする、とか

DPNを8.8.8.8と8.8.4.4にする、とかね。

これも割とみんな試していて、ここを直して解決した!という人もいる。

だけど、いろいろやったから何がよくて繋がったかわからん、って人もいる。

それすごいわかるw

けど、それでもダメだった。

ダウングレードとかシステムリセットとか時間かかっただけだったよね

だから、私も思い当たる節は全部当たった。

アップデートしたのが原因かもしれないから、システムリセットやダウングレードもした。

時間かかりすぎ。

でも解決しなかった。。。

繋がったり、繋がらなかったり、繋がっても低速すぎて画面固まったり。

一日中、そんな感じで何もできない状態。

スポンサーリンク



解決のいとぐちが…

で、ふと場所が悪いのかな?と思って、窓際に持って行ってパチパチ打ってみると、なぜかWiFiに繋がった。

サクサク。

たまにデスクから移動するとつながるようになる。

WiFiを近づけてもダメなんだけど、デスクから遠ざかるとつながる。

Macに何も繋げていないとつながる?

んで、移動させているときって、USBハブも引っこ抜いてた。

なんか電波飛ぶやつが原因かな?と思って、マウスやキーボードをオンオフしてみるのだけど、なんも変わらず。

あと一つ考えられるのが、外付HDD。

外付HDDからなんか電波的なものが出てるとはつゆ知らず、USBで繋げてると妨害してくることがあるのかな?と思って、外してみると。

犯人は、外付HDD!!

あれ?サクサクつながるー!!

これだ!外付HDDのやつめ!こんにゃろめ!てなった。

んで、改めて外付HDDがWiFiを妨害することがあるのか?

っていうのを、検索してみると…!

ヒットでした。

外付HDDが出す周波数と、WiFiの周波数が同じだと、そういう問題が発生するんだってよ。

何、あいつ有線使用なのに周波数だしてたの!?

という驚愕の事実。

しかも、世話になっておきながら、あいつ呼ばわりしちゃったよ!!

てか、これ常識?

これくらいみんなそれわかってるはずだよね?って、解決法ブログに書いてなかったの??

電源オフと同じくらいシンプル系?

それくらい知らないと、Macに手を出しちゃいけない系?

スポンサーリンク



解決策

というわけでー、

解決策としては、外付HDDをMacbook Airのヒンジ部(電波を受け取る場所)から離すこと。

WiFiからの電波はもちろん目には見えないんですけど、そのWiFiの通り道に外付HDDを置かないこと。

ちゃんとMacBook AirがWiFiを受け取ることができれば、外付HDDを挿しっぱなしでも問題ない。

以上!

追記。(2017/4/28)

後日またWiFiが繋がらなくなり、その解決法を書きました。→WiFiの周波数を妨害するのは外付HDDだけじゃない…MacBookでWiFiが繋がらない&切れる件の続き

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク