メルカリで売れるコツ。自分だったらそれを買いたいかどうか?を意識する

前回の記事で…、メルカリすげー売れる!って買いたんだけど、はたと思い直ったら、基本的なことをオークション時代に身につけていたからかもしれないなぁと気づきました。

なので、私が出品する際に気をつけている点を書いていきます。

これは絶対ってわけじゃなく、私の神経質な主観によるものが大きいですが、一つのデータ、一つの例として参考にしてもらえたら幸いです。

しかし、メルカリで売れなくて困っている、って人はいるんだろうか?

こんなん誰も買わないだろ、って写真でも売れてたりするもんなぁw(失礼すぎ)

コツっていうか当たり前の話なのだけど…

ひとことで言うと、自分がその画像とその説明文で買いたいかどうか?を意識することです。

相手の立場になる!!これに尽きます。

自分にとっては不用品だとしても、相手はお金を払って買う「商品」として見ます。

自分はその品物のことを手にとって見ることができるから、持っている情報量が多いけど、画面の向こう側で「写真」を見ている人は、写真と説明文から想像力を発揮しなければなりません。

説明文は、できるだけ具体的に書くことを心がけましょう!

「商品」「売り物」だという意識で、大事にしよう

自分がその写真で買いたいと思うか?っていうのは、具体的には「床に直置きしない」「保管状態に不安を感じるような背景を映さない」、洋服なら「折りジワ」「保管ジワ」「汚れ」がないようにするなど。

これ、案外気にしない人が多いのかなぁ…自分も気にしないって人がやってるなら、お互いにそういう人同士でやりとりが成立するので、なんとも言い難いですけどw

自分の中での「OK」が他人と同じとは限らない。

一般的に、自分よりガサツな生活をしている人からものを買いたいと思わないでしょ?w

ゴミとか混じってたら嫌だし、検品の見落としもあったりしそう…って二の足を踏むよ。

あと、ある程度ちゃんとした人から買ってもらいたい場合、こっちもきちんと感を出すっていうのも大事だと思ってます。

変な人に買われて、変なクレームつけられるのも嫌だし。。。

スポンサーリンク



直置きNG

メルカリでの新しい出品を見てると、床に直置きされたものって多いんですけども…

私だったら、すごい細かいかもしれないけど、直置きされたものは買わないです。絶対。

なんでかというと、私は普段から自分の服とか本とか床に直置きしないから。

商品になるものを床に直置きして撮影してるってことは、普段から床においても気にしない人ってことかもしれない。

スペースがなくて、そのときにちゃんと床を拭いてから撮影したという可能性は低いはず…。

ちなみに、床においてあるのが普通なもの、例えば家具とかだったらありですよ。

畳ならありかなぁ…。もし畳だったら、その他の要素で決まるかもしれない。

でも、メルカリって直置きしたものもどんどん売れてるから、そういうの気にしない人が多いのかもしれないww

床の直置きにお花を添えてる人とかいるけど、それを「おしゃれ〜❤️」って思うのか、お花いらないからハンガーにかけてよ、って思うか…の違いが顧客を分けるのかもしれない。

自分の売ったものを「大事にしてくれる」の基準もわかってしまったり。。。

じゃあどうすんの?っていう問題

洋服は、トルソーがあれば着た時のシルエットがわかるのでベターなんですけど、なかなかトルソー持ってますって人もいないので…、ハンガーに吊るして撮るのがお金もかからずいいかなって思ってます。

吊るしただけ、で曲がってたりする人もいるので、ちゃんと整えてキレイに見えるようにしてあげてください。

前、後ろ、素材アップ、ディテール(襟とか袖口とか、タグとか)、不具合あればその部分のアップなど。

色が変わるとクレームの原因になるので、加工はしないほうがいいです。

ピンボケNGです。小さすぎる写真もだめ。

写真で撮ったものと実物の色が変わってしまう場合は、その旨説明文で書きましょう。

本など小物とかは、明るさやピントに気をつけて、自分やカメラの影が入らないようにするとキレイだと思います。

机などの上で、正面、横、後ろ、裏、素材アップ、などを必要に応じて撮ります。

スポンサーリンク



汚い部屋が写っている人からは買わないよ…

新品未使用とか、ほぼ新品です的な品物だったとしてもだよ?

机が汚かったり、汚い部屋がチラリと見えていたら…保管状態が悪そうなので私だったら購買欲が下がります。。

なので、そのへん気をつけて、汚くなくても部屋の中で雑然としたエリアが写らないようにするとか…。

でも、そもそも他人が使用してました、っていう生活感が感じられるようなものってあんまり欲しいと思わないw(だから状態の良いものしか出品しなかったりもするけど)

できるだけ、清潔感が感じられるように、小物などをアップにしても机の上の小さな繊維とかがちらっと写り込まないように気をつけたりもしてました。

曇ったガラスに着画を写して周りには散らかった部屋…とかダメですw

というか話はそれるけど着画って…、あれ「他人が使っていた感」がありありと伝わってきて嫌なんだけど、私だけだろうかw

私が神経質なのかもしれないけど、新品を買うときも店に出てないやつもらうもんなぁ。

写真が少ないのと想像と違う!になりやすい

通販で買い物をしたことがある人なら、経験したことがあるはず。

届いてみて、「あれなんか違う…」という時のガッカリ感。

でも、もう一回画像を見て、説明文を見てみると、あ…だよねー、私の勘違いだったよねー。

っていうやつ。

最近も、新品ですけど通販でなぜか綿素材だと思い込んで買ったらレーヨン素材で「なんじゃこりゃあ」状態だったんですよ。

店頭で見てたら買わなかった素材感。(でも、それはそれで良いことにして、おとなしく着てますw)

プロが管理しているサイトでさえこうなんだから、素人ならいわんやおやです。

で、そういうことがあるから、写真が少なかったり見にくかったりするものは、買い手がつきにくいです。

名の知れたブランドの人気商品ならいざ知らず…それでも、中古品なら「状態」を写真で見せてあげるのは出品者側のマナーだと思います。

スポンサーリンク



説明文はしっかり書こう

これも、大事な部分。

メルカリは写真が8割?くらいでやってけるかと思いますけどw

(なぜかというと、気になる部分があれば「コメント欄」で質問できるから、購入意思のある人はどんどん質問してくる)

でも、質問されるってことは、説明文が十分じゃないってことで。

私としては「即決」してもらったほうが楽なので、質問の一手間が要らないくらいに、説明文をしっかり買いたほうがいいと思ってます。

しっかり採寸、検品

洋服なら平置き採寸でもいいので、総丈、袖丈、身幅、自分の身長と体格でどのくらいの丈感だったかとか書いたり

できれば、購入時期(何年のどのシーズンのものか)、使用回数なども。

定価も覚えてれば書きます。

ブランド名や商品名は、検索に引っかかるようにカタカナとローマ字を両方書き込むようにしてます。

タイトルにはローズバッドと書いて、説明文にはROSEBUDと書くみたいな…

あと、カットソーなのかブラウスなのか微妙なときも、タイトルと説明文に分散させます。

検索されやすくなるといっても、他のブランド名とかは書くのは迷惑だから書かないほうがいいかなと思ってます。

暇だったら、どんなシチュエーションで着たらいいかとか、書くといいかもね。

本だったら、何回読んだか、使用感はどのくらいか、表紙のスレ、本体のヤケ、折れ目など。

文庫なのか、単行本なのか、新書なのか、

発行年、出版社、著者、定価も明記します。

まぁ、指名買いがほとんどだから、必要ないかも知れないんだけど…。

資格関連の本など、年度によって改定されていたりすると、そういうの気になっている人も多いので、書いておくと親切です。

というわけで…、

こういうのを気をつけていた部分もあってすぐ売れたのかなぁなんて思ったので

とりあえずアップしておきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク