ブログの身バレ問題。

シェアする

ブログ運営をされている人なら一度は考えたことがある、身バレ問題。

身バレとはつまり、「このブログ、きみのだよね?」って特定されちゃうこと。

身バレした経験あり

私は、もう10年以上ブログとは付き合ってますが、自分から明かしたこともあるし、Lineでブログの画像を送られて直接聞かれたこともあります。

あと、脇が甘くて会社の人に発見されて、それとなく見てますアピールをされたこともw

大したことは書いてないし、小心者なのでバレても別に仕事に支障のないことしか書かないので、「恥ずかしい」だけなんですけどね。

結論としては、身バレなんてものはしない方が楽だと思います。

私のブログ運営スタンスとしては

基本的には、自分の仕事も含め作品なんかもあんまりリアルの人には見てもらいたくないです。

なんか腹の中を全て知られるような、弱点を握られるような居心地の悪さがあるからですw

だけど、実際問題はリアルの人間関係って、私が何か書いててても別に悪口を言うような人たちじゃないし、そんなに暇じゃないし、むしろ応援してくれたり、文章上手いねって褒めてくれたり、心配してくれたり、なんかすんごいあったかいんです。

あ、書き散らかして逆にすんません…。みたいな。

だから、自分から明かしてもいいんだけど、リア充な人たちが見るからこそなんつーかもう申し訳なくなるんですw

見てくれてるから、ちょっといいこと書かなきゃなぁ…とか、よそ行きな感じになっちゃう。

でも、それだとね、こういう「本音を吐きたい」とか「考えをまとめる」ためのブログは書けなくなっちゃうのです。。

あとね、ブログをやっていると言うと「読みたい!教えて!」って言ってくれる人がいるのですけど、あんまり公言して欲しくない場所でブログのことを話題にあげたり、ハンドルネームとブログの内容を混雑した公の場所で高らかに語り始めたりする人がいたので、もうね、一身上の都合により、こっそり検索してくれた方がマシだって思ってますww

見てもらうのはいいのだけど、会った時に「公の場で」話題にされるのが嫌なのだ。

そういった配慮まで求めるのはこちらのわがままなので、教えないに限る!

「えっ、なんで隠すの?えっ?なんでなんで?」って天然でわかってもらえない人もいるしww

でも、知り合いじゃない人がこのブログに到達するルートと同様に、純粋な検索で来た場合は「興味の対象が同じ」ってことだから、アリだと思ってます。

ちなみにですが、家族はみんなブログの存在を知ってます。

今読んでるかは知らないけど、はてなでブログを書いていた時はポチポチランキングボタンを押してくれてたw

スポンサーリンク



友人知人にはバレて当然という気持ちで

このブログはそう身バレ要素がありません。たぶん。近しい人はわかると思うけどw

そもそも占い記事を非公開にしてからアクセスがものすっごい落ちたので、こんな語り口調で書いたって誰も読まなかったりします。

占いの記事は、自分のスペックとか経験とかも交えての考察をしていたので、それらを非公開にしたことも身バレから遠ざけたかもしれません。

一方で、もうひとつ運営しているブログの方は、ブログで扱うテーマ自体が、身バレ要素高いです。

旅ブログなので、実際に「どこかへ行った」ことがネタになり、前提になります。

それはライターの方も同様で、原稿料をいただき、「プロ」の看板をいただいているので、ちゃんと取材に行って自分で写真を撮って、オリジナルの原稿を書きます。

(そういや、以前美容師さんに「実際に行かないのに行ったように書くのって大変じゃないですかー?」って言われたんだけど、あれなんだったのかなぁ。バイラルメディアのライターだと思われてたのかしら)

だからね、リアルで話すこととか、お土産・プチギフトとか、写真とか、そういうので早晩バレるんですww

私は黙ってられないたちなので余計に。。

お土産って、なんでもない時に贈り物ができるいい習慣だなぁって思ってるし。

それに、ライターの方は顔写真公開が前提だし、知り合いが見たらわかるだろうなぁ…。

メディア側に宣伝してくれって言われて、一時期プライベートのフェイスブックにも載せたから、まぁ仕方ないw

だったら、初めからオープンにしておいた方がいいなと判断し、ブログの方もプロフィールのみ顔写真を載せて(名前はどちらもペンネームですが)運営してます。

私がリアルで語る話題と、友人知人の検索が合致して、私のブログまで到達することができたら、ほぼ9割がた私だってわかるはずです。

「個人の感想」って、やっぱり個人のものだから、そのひとがいつも考えてることとか、感じたものの表現とかで、気づくものだとおもうのだ。(少なくとも私は)

実際にバレた時の理由は単純なこと

まだ無料ブログサービスを利用していた時ですが、会社の女性がアメブロを書いていたんですよ。

んで、私もアメブロで作ってみてコメントをしてたら、同様に彼女とつながっていた会社の女性が、コメント欄のリンクから私を特定しましたww

でも、それは不可抗力というか…バレてもおかしくない話だし、三者三様ブログを書いていたので、なんら読まれることにも抵抗がないというか、交換日記的な雰囲気でした。

そこまでは良かった。

でも、普段は別に仕事以外のことは話さない人に、ブログにしか書いていない内容のことを話題にされたことがあり、「ヤベー!」って焦ったことはあります。

やっぱり、友人にはバレてもいいけど、会社の人にバレるのは嫌だよね。

一人の大人として働いている場で、子供っぽい趣味や感情を書き連ねているのは読まれたくないよねぇ。

なんでバレたかは本当にわからないんですけど、社員旅行で行った土地のことを書いていたし、上記で繋がってた他の女子社員のモニターからバレたかもしれません。

会社のPCでもアクセスしていたので(暇な時間は何してもいい会社だった)、モニターは壁に向いてはいたものの、ちらっと画面が見えてしまって、そこから検索されたか…。

そうでなければ、最終的には私がいない時に履歴から探ったか。(離席時はネット検索に使われててびびった)

インターネットが自由な会社でも、身バレしたくなければ会社で開くのはダメ!絶対!

会社で共通の話題とかもダメだね。社員旅行の行き先なんて書いちゃダメw

そして、同じ会社の子がブログの存在を知っていたら、芋づる式にバレる確率はぐっと高くなりますね…。

フェイスブックも、なんの繋がりもない社員(アドレスも電話番号も知らないし、他につながっている共通の友人もいない)のに見つけてくる人いたけど、あれは検索してるんだよねぇ?

フェイスブックに関しては、会社のPCで開いたことないし、サーバーが同じだからという理由で友達候補に出たわけではなさそうだしな。

人は自分が思うほど他人には興味がないっていうけれど、案外、他人のことに興味をもって検索する人って多いのかなぁと思った…。

私の周りが特殊なだけだろうか。

スポンサーリンク



顔出しブログを書いてもバレない説

ところで、顔出しで運営するブロガーって、意外と外出先ではバレないもんだってみんな言ってるけど、本当かな?

アルファブロガーと呼ばれる人たちもそう言ってるんだから、きっとそうなんだろうね。

私の目は節穴なのか、テレビに出ているタレントさんに私はいっつも気づかなくて、同行者が気づいて教えてくれるんだけど、よーく見ても全然顔が全く認識できないという、、そんな人もいるくらいなのでw

おそらく、顔を出しているという自意識が「バレてるのでは」と思わせることで、他人のちょっとした言動までもがそれを裏付ける証拠に見えてきたりするんだろう。

それに、いちブロガーの顔とか書いていた内容なんて覚えてる?

購読しているブログがあるとしても、多分本人が目の前にいても多分気づかないと思うのよ。

だから、あんまりきにすることはない、はずなんだけど。

私は、友人知人じゃない他人バレが怖いw

ひるがえって、観光地の人たち、フライトアテンダント、飲食店やホテルの従業員といった人たちはエゴサーチしないのか?という件ですw

もし私がその立場だったら、絶対エゴサーチするもんなぁ。

で、どんなレビュー書いてるのかな、どんな人なのかな、って見ているうちに、「あ、あの日来た人じゃん!写真あるじゃん!やっぱそうじゃん!」てなるよね。

「大勢いるから覚えてないよ」といってもね、ブログに書くのは「特別」なエピソードであることが多いし、1日にたくさんのお客さんとやりとりしても私は一人一人覚えてるからなぁ…。

これも人によるんだろうと思うのよ。

「あ、こいつ」と認識されると、ちょっとどころではなく行きづらくなっちゃうんだよなぁ。

私の性格上、行動がしにくくなるなぁ…。(じゃあなんでブログなんてやってるんだよっていうねw)

好意的なコメントをもらったらもらったで、「気を使ってくれたのではないか」「本当はがっかりしているのではないか」と勘ぐってしまう自己肯定感の低さが原因ね。

あと、接客のアルバイトをしていた時って、「ちょっと変わったお客さん」が大体どこにもいて従業員の間で話題になっていて、自分がそう噂されていたらいたたまれない…というのもある。

まぁでも、それもそもそも「誰でも閲覧できるブログを運営している」ブロガーならば覚悟しなければならない部分なんだよなぁ。

誰しも読む権利があるし、自分に関することや、自分が興味のあることを書いているブログなら、著者にも注目するもんね。

よほど暇人か荒んだ人ならともかく、知り合いでもないなら、好意的な関心がなきゃ(それもかなり強めの)身元がわかるまでじっくり読み込んだりしないもんだろう。

実は経験上、知人の範疇で言えば、そこまで仲良くないから私に対しても変に誤解しているような、あんまり知らないからこそちょっと敵対心を持っているような人たちが一番怖かったりするんだよねww

(だから会社の人とか、近所の人とか、あまり関わらないクラスメイトとかには知られたくない)

でもそれもただの自意識過剰だったりするからね。

まとめ

努力でなんとかなる部分もあるけど、ブログというものを書いている以上、絶対に身バレしない保証はない。

長くブログを運営して、コンテンツが増えれば増えるほど、個人的で特定しやすい情報がネット上に増えてゆくものだから。

「発信者」の個性がブログの長所でもあるから、あんまり用心しすぎるとつまらなくなってしまうしね…。

というわけで、元から身バレ前提を覚悟しておくべし!

(なんの解決にもなってない)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク