ハンガリー旅の予定メモ。

シェアする

旅ブログの方では書けないような、旅の予定とかぐだぐだと決まってないようなこととか、まだあんまりまとまってないことを書いていきます。

最近、旅行へ行く時は音楽に絡めていることが多かったのですが、次回の欧州旅はちょっと毛色を変えようかなーなんて思いつつ準備をしていたら、すっかり旅の半分は音楽ゆかりの地を訪ねちゃうことになりましたw

(最近の旅は、自分が発表会で演奏することになった作曲家ゆかりの地を訪ねて、インスピレーションを得ることが目的なのです。贅沢で幸せな旅です。)

次回は、ハンガリーへも足を延ばすことになりましたゆえに。。。そりゃそうだ、な結果なんですけどw

チェコを訪れて、東欧の魅力にはまってしまったので…再びチェコやポーランドも候補にあったのですけど、なぜだかハンガリーが気になって仕方がなかったので、ハンガリーにしました。

んで、調べれば調べるほど、魅力的なハンガリー。

まずね、親日家が多いそうで、なぜかというとハンガリー人は「マジャル」を自称するアジアルーツの人種なのだという。(※Hungaryという綴りから勘違いしやすいのだけど、「フン族」がルーツではないらしい)

じゃあ、親日っていうか、親アジアなんじゃないの?なんでそこで日本限定になっちゃうんだ?って思うんだけどねwwそこんとこどうなんだろう。

ハンガリー旅を記録しているサイトやブログへお邪魔させてもらっているのですけど、面白いのが「日本人ですか?」と訪ねられるているエピソードの多いこと!

それらが全てだと思うのは早計ですけど、たまたま?何がしか日本への特別な感情がある人に出会ったということかしら。

あとね、今までの私の人生においてハンガリーってほぼ馴染みがないので、ちゃんと歴史をお勉強してからいこうと思い、観光ガイドブックよりも先に歴史本を買ったよねww(真面目すぎよね)

図説 ハンガリーの歴史

とりあえず、ウィーンからハンガリー入りすることになっているので、リストゆかりの地ショプロンで滞在してからブダペストへ向かおうかなと考えております。

実はまだリストのピアノ曲に挑戦したことはないので、これを機に弾けそうなものからトライしてみようかな。

ほんと、これいい機会だわ!なんにしようかなー!わーいわーい

ショプロンはオーストリアとの国境近くに位置する街。

過去、住民投票でオーストリアとハンガリーどちらに属することにするかを決めた結果、ハンガリーになったそうな。

それからなんと、リストのみならず、ハイドンゆかりの地としても有名なのだ!これは期待大。

というか、ウィーンに2回も行ってるんだから、その時に日帰りで行っても良かったのにね。

あと、ワインの名産地らしい。

基本的に一人旅である私は、あんまりお酒を飲まないようにしてるのだけど、ホテルで一杯いただこうかなー。

とまぁ、期待は膨らみますが、行ってみるとまた違う発見もあるだろうし、話が違うじゃないか!と思うことも多いはず。

ブダペストではまぁ、歴史的建造物や教会、美術館や博物館を中心にめぐる予定ですが、食べ物もちゃんとリサーチしていきたいなぁ。

私はいっつも食べ物に無頓着で、ブログ投稿や記事寄稿を始めてからちゃんと名産のものを意識するようになったという…w(今でもそういう傾向はあるんですけど)

あと、オペラ座には行きます!!オーケストラやオペラ、コンサートはチェックしなきゃ。

ハンガリーの伝統民族音楽が聴けるところはあるだろうか?民族系がきになる。

ブダペスト滞在中に日帰りで行けそうなところは、伝統的な農村風景の残るホッロークー、ジュールのパンノンハルマ修道院、ホルトバージ国立公園。どれも世界遺産です。

田舎の田園風景が好きなので、見てみたいのです。でも全部は行けないな。

そういえば、石畳事情ですけど…日本で普段履いているような靴(ヒールなし)だと、ついうっかり歩きすぎたりすると足腰が半端なく痛くなるのです。。(あんまり歩かなければ平気だけど)

パリ滞在のとき、マーチンも持って行ったんですけど、マーチンは素晴らしい!なんたって靴底が分厚いもんね!マーチンだと一日歩いても全然平気でした。

ハンガリーも「石畳がきつい」って言ってる人多いから、今回もマーチンで行こうかなぁ。

やばい。あの定番のハイカットじゃなく、こういうタイプもあるんだね!!かわいい。ポチってしまうー。モンクシューズがずっと欲しかったんだけど、この辺りのラインでもいいな。

[ドクターマーチン] Dr.Martens ポリー Tバーシューズ レディース POLLEY

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク