炭酸水を飲んだら体感温度が下がって涼しくなったよ!

シェアする

暑いですね…。梅雨くらいもうちょっと涼しくてもいいのにって思います。

自宅のエアコンの調子が悪くて、なぜか冷房だけ効かなくなりました。

引越し後、暖房は効いていたので、冷却装置の取り付けが悪かったんではないか…と訝っています。(フィルターも掃除したけど、生暖かい風だけが出る)

今住んでいるところは北国なんですけど、地元の人たちも電気屋さんも、「エアコンなんて使ってる人いないよ?」って言うんですよw

でも「キンキンに冷えた寒い夏」を経験している東京出身の私としては、あっちぃんです。

とりあえず、25度あれば冷房必須なんですよ!!

でも、その冷房が壊れたんです。え、何かの陰謀?

仕方がないので、窓を開けたまま扇風機と除湿モードにしてるんですけど、暑い。

だって、北国なのに35度まで上がったんだもの。北国の概念ってなんなんだろう?って思ったよ。

35度まで上がったらもう北国でもなんでもないよねっていうw

絶対クーラー必要でしょ、っていう!!w

で、なぜだかわからないんですけど、炭酸水を飲んだら涼しくなりました。(ここでタイトル回収)

ほら、アイスを食べると涼しくなるじゃないですか?

あの感覚に近い感じで、シューっと涼しくなったんです。

個人差はあるのかもしれませんが。

同じように冷やした麦茶は美味しいけど涼しくはならないし、汗ダラダラ出てくるだけだった。(汗が出るのは体温を下げるから、身体の機能としては正解だけども。)

なんだろ、びっくりしました。期待を上回る炭酸水の清涼感。

ただシュワシュワしてるっていうだけじゃなかったんですね。

でもなぜかはわかりません。

ググってみると、炭酸水と体温低下について研究している人もいるらしく、やっぱりそういった傾向はあるのかもしれません。

炭酸の刺激によって、足先の体温が下がるとか…。

冷え性の人は大丈夫なんだろうか?

私はアイスは苦手なので、ほんっとうにオススメされたときか、我慢できないほど暑い時しか食べません。

なので、アイスを食べずに体感温度が下がるならありがたいし、水分補給も一緒にできてしまうなんて一石二鳥!

夏になると炭酸水が売れるのは、理にかなっていたのですねぇ。

私が知らないだけで、常識だったのかしら。

ちなみに、炭酸水といっても人工的に二酸化炭素を加えたものと、天然のものがあるそうで。

日本でよく手に入るものだと、フランスのペリエが天然。

イタリアのサンペレグリノも天然かな?天然のガスを加えてるものもあるのかな?

人工のでもそんなに気にならないけど、できるなら天然の方がいいかなぁ。

ペリエは知らないうちにいろんなフレーバー(ピンクグレープライムレモン)が出ていて驚きました。

今年の夏は炭酸水で乗り切るぞー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク